ドレッシングOEM

ドレッシングOEMの企画・材料調達・パッケージまでお任せください

ドレッシングOMEは200ℓより対応可能です

ドレッシングOEM当社の強み

商品開発から
製品製造まで
ワンストップで対応

ドレッシング、
ぽん酢をはじめとして
液体の調味料に
幅広く対応

ビン、ペット
ボトル、ピロー包装、
BIB等、幅広い
商品形態に対応

ドレッシングOEM こんな要望にお応えできます

化学調味料・保存料・着色料を使用しない上質なドレッシングを製品化したい。

case1

高質スーパー様

  • 化学調味料・保存料・着色料を使用しない高品質なドレッシングを製品化したい。
  • 国産野菜を使ったドレッシングOEM
  • こだわりのポイントを2~3点確保してほしい。
  • 野菜は国産指定、使用する調味料も、たまり醤油や鹿児島県産の黒酢などを使用して製品化しました。

秘伝のドレッシグを店内調理用と持ち帰り用で製品化したい。

case2

老舗料理店様

  • オリジナルのレシピを元に味のイメージを保ちつつ、賞味期限12か月を確保したい。
  • 店内用ドレッシングの味を保ちながらも賞味期限を確保
  • 元のレシピは店内調理で加熱工程の無い物だった。賞味期限を確保するためには加熱が必要だが、普通に加熱すると味が変わってしまい、同じ味にならない。
  • 原料の中の野菜の味が加熱で大きく変わってしまうことが分かったため、加熱はするが野菜の分量や投入のタイミングの変更で、オリジナルのレシピの味のイメージを残しつつ、賞味期限12か月を確保することができました。

海外輸出用のドレッシングを製品化したい。

case3

貿易商社様

  • 海外輸出用のドレッシングを製品化したい。
  • 海外輸出用ドレッシングOEM
  • 貿易相手国の規制により動物性の原料が使用できなかったり、水分活性が85%以下でなければならないなど、制限事項がある。
  • 物性の原料については代替品をうまく組み合わせて使用。
    水分活性についても、調味料の配合内容を通常のドレッシングから変更して達成しました。

大手食品小売店むけのベトナム風ドレッシングの開発・製造

case4

食品企画会社様

  • 大手食品小売店むけのベトナム風ドレッシングを開発・製造してほしい。
  • ベトナム風ドレッシングOEM
  • 大手食品小売店のPBとして販売するベトナムの雰囲気を感じさせるドレッシングを開発・製造してほしいとの依頼内容。ベトナムの雰囲気をどの様にお客様に伝えるかが最大の課題。
  • 魚醤とにんにく、唐辛子を組み合わせて、ベトナムをイメージする様なドレッシングに仕上げました。苦手な人が多いパクチー等は使用せず、魚醤はタップリ使用しているが、日本人になじみ深い通常の醤油も組み合わせて、食べやすい味にしました。

話題性の高いフレーバーのドレッシングの提案

case5

大手食品小売店様

  • 話題性の高いフレーバーのドレッシングを提案してほしい。
  • 麻辣ドレッシングOEM
  • 同店では常に新しい商品を導入されており、話題性のあるフレーバーのドレッシングを提案してほしいとの要望があった。
  • 開発当時、需要の伸びていた「麻(マー)」(花椒)と「辣(ラー)」(唐辛子)を組み合わせた「麻辣ドレッシング」を提案し採用されました。
    毎年夏場の定番商品になっております。

甘酒の入ったドレッシングの提案

case6

酒造メーカー様

  • 甘酒の入ったドレッシングを提案してほしい。
  • 甘酒入りドレッシングOEM
  • 先方清酒メーカーの甘酒を使用したドレッシングを製造してほしいとの依頼。先方と契約されている料理の先生から原型のレシピをいただいたが、非加熱品のためそのままでは常温保存とある程度の賞味期限が確保できない。
  • 原型のレシピの雰囲気を残しつつ常温保存で6ヶ月以上の賞味期限を確保するため、加熱を最小限度におさえ、酸度や塩分・糖度のバランスを調整して試作を重ねました。
    最終的には化学調味料・保存料・着色料不使用で常温保存・賞味期限12ヶ月のドレッシングに仕上げました。

昆布を使ったドレッシングの開発・製造

case7

海藻問屋様

  • 昆布を使ったドレッシングを開発・製造してほしい。
  • 昆布を使ったドレッシングOEM
  • 昆布を使ったおいしいドレッシングを開発・提案してほしいのと依頼あり。また、マヨネーズ感のある物が良いとの要望もあった。販売先の大きなウェイトが生協様なので、化学調味料・保存料・着色料・香料などを使用せずにどのように昆布感とマヨネーズ感のある美味しいドレッシングに仕上げるかが課題。
  • マヨネーズは化学調味料・保存料等不使用の物を探して採用した。昆布感を出すために、昆布を依頼主の海藻問屋様に細かくカットした物をご供給いただき、組み合わせて製品化した。
    その後10年以上継続販売いただいた後、生協様等のご要望もあり使用原料のすべてを遺伝子組み換え作物不使用の物に切り替えて、現在も継続して販売していただいている。

ドレッシングOEM・委託製造 実績一覧

野菜やフルーツなど、素材を生かしたドレッシング
  • キャロット
  • 青じそ
  • 赤シソ
  • 生姜
  • たまねぎ
  • ゆず胡麻
  • ハバネロ
  • トマト
  • わさび
  • カムカム
  • 大根梅
  • にんにく
  • 昆布
  • スイートコーン
  • 九条ねぎ
  • あしたば
  • 生のり
  • 白ねぎ
  • みかん
  • 納豆
  • 塩ゴマ玉ねぎ
  • バジル
  • はちみつ
  • 豆乳バジル
  • マイヤーレモン
  • 直七
  • 胡麻じゃばら
  • 赤かぶ
その他ドレッシング
  • エビ塩
  • 黒胡椒
  • 胡麻
  • 中華風
  • チョレギサラダ用
  • 生ハム用
  • フレンチ
  • 麻辣
  • えごま油
  • アマニ油
  • ゆず味噌
  • 柚子胡椒
  • ハウスドレッシング
  • 豆乳ごま

ドレッシングOEM Q&A よくある質問

OEMとPBの意味は何ですか
OEMとPBは、商品の委託製造と販売に関する単語となります。ドレッシングなどの調味料の委託製造おいて、その違いは以下のように考えられます。

OEM(original equipment manufacturer : オーイーエムと読みます)は、調味料製造メーカーが他社ブランドの製品を委託製造することです。委託製造された製品は、委託者のブランドをつけて小売に出されます。

PB(private brand , private label brand )は、プライべートブランドと呼ばれるもので、小売店や卸売業者が企画販売するブランドのことです。プライベートブランドを実現するためには、委託製造により商品を仕入れて自社ブランドにて販売する流れとなります。

余談となりますが、NB( national brand )はナショナルブランドと呼ばれ、メーカーが製造した自社商品のブランドのことです。プライベートブランドと区別するため使用される機会が多い単語です。ちなみに、弊社でも自社ブランドとして、NBのドレッシングを販売しており、こちらの商品をベースにOEMすることも可能です。 調味料OEMのメリット調味料OEMとODMの違い調味料OEM製造の一般的な流れについて、詳しくは各ページをご覧ください。
生野菜のスライスなど、固形物の入ったドレッシングは製造可能ですか
使用可能ですが、野菜は基本的に弊社手配のものとなります。サイズは3.2mmのサイコロ状までが上限となります。
レシピは必要ですか
お客様の商品イメージ・使用方法・販売先・想定仕入れ・販売価格等をお伝えいただければ、それにそって商品開発いたしますので、レシピはなくても大丈夫です。
ただし、現在使用・販売されている製品を弊社にて商品化することをご希望の場合は、レシピや現在使用されている現物サンプル・原料サンプル等をいただけると、開発が比較的スムーズに進みます。
糖質オフや減塩、無添加の調味料は製造可能ですか
減塩商品、食塩不使用の商品、化学調味料・保存料・着色料不使用の製品については製造実績があります。
糖質オフの製品も製造可能です。ただし、賞味期限や保存方法に制約が出る場合があります。(賞味期限が短くなる、冷蔵保存になる等)
ドレッシングOEMの試作サンプルの提供は可能ですか
試作は1kg~2kg程度で行います。当然、味の確認用のサンプルを提供いたします。
原料の持ち込みは可能ですか
原料の持ち込みは可能ですが、弊社の衛生基準や管理基準を満たさない物についてはお断りさせていただく場合がございます。 ご了承賜れます様、よろしくお願いいたします。
粘度の高い調味料も製造可能ですか
粘度の質にもよりますが、ケチャップ程度の粘度の物くらいまで可能です。詳しくはご相談ください。
自社で製造した調味料を充填してもらうことは可能ですか
基本的には可能ですが、弊社の衛生基準や管理基準を満たさない物は充填を断らせていただく場合があります。(ストレートタイプのスープ、菌数の多い物、異物の混入の可能性が高い物等)
製造ロットはどのくらいからですか
基本的には200kgまたは200Lからになります。
最低ロットと経済ロットはどのくらいですか
容器ごとの最低ロット・経済ロットは以下の通りとなります。
容器 最低ロット 経済ロット
瓶・ペットボトル 200L
(200mLの製品で1000本程度)
3000本以上
BIB
(バッグインボックス)
200L
(20LのBIBで10本程度)
1000L
(20LのBIBで50本程度~)
ピロー包装 200L
(500gの製品で400個程度)
1000L
(500gの製品で2000個程度)
容器の最小サイズと最大サイズを教えてください
容器の最小サイズと最大サイズは以下の通りです。
  • ビン:70ml~1L
  • ペットボトル・プラボトル:80ml~1.8L
  • ピロー包装:100g~500g
  • BIB(バッグインボックス):10L・20L
市販用の容器にはどんなものがありますか
70ml~1Lのビン、80ml~1.8Lのペットボトルに対応しております。
一般に出回っている容器であればそのほとんどの容器に対応可能です。
ドレッシングOEMの発注から納品まではどのくらいかかりますか
製品の設計が完了しているのが前提になりますが、発注から納品までの期間は10日~2週間程度となりま す。
ただし、繁忙期などタイミングによってはもう少しお時間をいただく場合があります。
異物混入などを防ぐために、どのような対策していますか
  • 作業者のインナーキャップ着用
  • 作業者入場前の粘着ローラー
  • エアーシャワー
  • 充填ラインへのマグネットトラップ
  • メッシュストレーナの装着等を実施しています。
遠方でも対応してもらえますか
訪問できない場合もありますが、電話・メール・その他の方法で対応させていただきます。

ドレッシングOEM 容器について

ドレッシングOEM用ピロー包装

ピロー包装

工場やスーパーのバックヤード等での使い切り用途に便利。特にとろみや粘度の強いOEM製品に最適。

対応容量
100~500g
対応製造ロット
200L以上~

ドレッシングOEM用バッグインボックス

BIB(バッグインボックス)

飲食店や工場棟で、OEM製品を一度に大量に使用する用途に便利。一斗缶等にくらべて廃棄が簡単。

対応容量
10~20L
対応製造ロット
200L以上~

ドレッシングOEM用ペットボトル

ペットボトル

200~400ml:破損に強く、スーパー、百貨店、ネット販売等のドレッシングOEM製品に最適。
500ml以上:開封後キャップを閉めて冷蔵庫に保存可能。瓶にくらべて破損に強く廃棄も簡単なので、飲食店や工場での使用に便利。

対応容量
100ml~1.8L
対応製造ロット
200L以上~

ドレッシングOEM用ガラス瓶

ガラス瓶

デザイン性の高い物も選択でき、ペットボトルよりも通気性が低く保存性が高いので、高品質・高付加価値のドレッシングOEM製造に最適。

対応容量
60ml~1L
対応製造ロット
200L以上~
お問合せフォームはこちら
株式会社マナ

〒569-0836
大阪府高槻市唐崎西2-22-1
TEL. 072-677-3939
FAX. 072-677-7600

ページの先頭に戻る
0120278699